あぜ丸のMusic&Life♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 川村カオリさん・・・ふたたび・・・・響きます・・・♪

<<   作成日時 : 2009/08/06 07:06   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像亡くなってから、i-podで・・・ずっと川村カオリさんを聴いています 彼女の歌は、なんだか若い頃をを思い出させてくれます なんだか不安でいっぱいだった18歳の自分とか・・・新宿の朝とか・・・六本木の夕暮れとか・・・横浜駅ビルとか・・・なんでかなぁ・・・


 28日にがんで亡くなった歌手、川村カオリさん(享年38)の埋葬式(ロシア正教会の葬儀・告別式)が7月31日、東京・お茶の水のニコライ堂で営まれました。弔辞を読んだ俳優、水谷豊(57)は「カオリちゃんと出会ったことが宝物。みんな、カオリちゃんを愛してます」と優しく語りかけたそうです

一般の弔問を受け付けなかったので、参加しなかったのですが・・・やっぱり、お別れを告げに行けばよかったなぁ・・・でも、また号泣しちゃうんだろうな


「1992 ZOO」



「金色のライオン」

この唄は昔大好きでよく聴いていました 曲を作っている高橋研さんとは、若い頃何度かお会いしたことがあります・・・

1979年・・・ 30年前 、まだ18歳のあぜ丸の週末は新宿歌舞伎町でした この時代ディスコが全盛期で・・・週末になると、みんなで出かけていましたね・・・夕方から繰り出して・朝方帰る・・・という生活を続けていました・・・ツバキハウス、カンタベリーハウス、ミルキーウェイとかね(知ってる人いますか?)あの頃の歌舞伎町はなんだか熱いものがありました あぜ丸は朝方の歌舞伎町の雰囲気が、当時は大好きだったんですよね・・・この時代、あぜ丸は、結構精神的パンクな感じだったんですよね・・・ヒッピーの時代は終わってましたけど・・・
 今聴いても、なんだかグッときます



このLIVEヴァージョンは、オリジナルよりもテンポを落としていて、カオリさんのヴォーカルがとても素晴らしいです 時折混じるハスキー一歩手前みたいな声が響きます



「Saturday Night」

この曲も同じ雰囲気を味わえる・・・いい曲です




「39番目の夢」

これは90年に制作されたアルバム「Hippies」に入っています(「金色のライオン」も収録) 38歳でなくなった今を思うと・・・なぜ題名が「39番目の夢」なのか・・・とっても不思議になります・・・




「Remember 〜17才の君へ〜」

一般の方が作ったPV・・・最新アルバム「K」に収録されているナンバーで、死期を感じていたと思われるカオリさんが娘であるルチアちゃんに「伝えたいこと」・・・として書いたナンバー・・・これも最近良く聴きます・・・沁みます





少しは元気を出さなきゃいけないのですが・・・

もう8月です・・・・


みなさん・・・元気ですか・・・


ちゃお




川村かおりベスト・コレクション
PONYCANYON INC.(PC)(M)
川村かおり

ユーザレビュー:
川村カオリ(川村かお ...
川村カオリ(川村かお ...
川村カオリ(川村かお ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
中学時代カオリさんの曲をすごく聴いていてあとから高橋 研さんは自分と同郷なのを知ってビックリした思い出があります。

再発の恐怖はいつになっても消えることはないけど楽しみながらいきま〜す(*^□^*)
りりん
2009/08/06 19:35
りりんさん、コメントありがとうございます♪
高橋研さんとはバンド仲間経由で知り合いました!!まだ若かったです!!

再発はやっぱり考えてしまいますよね・・・

あぜ丸は今日は体調を崩して帰宅しました・・・
めまいがひどいです・・・とほほ。
あぜ丸
2009/08/06 21:27
あぜ丸さん、久しぶりに書き込みます。
お具合はどうですか?
今年の夏は短そうですが、暑さは相変わらずです。
ご自愛下さいね。
ひか父
2009/08/07 23:37
ひか父さん、コメントありがとうございます(^O^)

めまいはまだ治りませんが、だいぶ良くなりました。明日から夏休みに入ります!ありがとうございます(^O^)
あぜ丸
2009/08/07 23:57
間違いなくあぜ丸さんの影響で、あれ以来、僕の頭の中では「ZOO」がずっと、駆け巡っています。
このサイトやテレビで初めて見た川村カオリさんのお顔は、病の疲れが見え隠れする、特に「日本人」としての印象が強く残る顔だったわけですが、あぜ丸さんが若き日の川村カオリさんを登場させていただくものだから、その印象の方が強く残るようになりました。この顔、しぐさ、誰かに似てると思ったら… もう既に誰かさんがおっしゃっているかも知れないけど、ジェームスディーンにそっくりですね…

それからZOOを何度も聞くうちに感じるのですが、よくできた歌ですね、若者が自分自身を客観的によく観察できた歌なんですよね、自分や誰かを動物に例えるってことは凄く分かりやすいと思いました。

さあ、それじゃ、18歳当時のZOOをまた聴くことにします!

お茶!じゃなく、チャオ!
ham
2009/08/09 08:24
hamさん、コメントありがとうございます♪
そうですか・・ZOOが鳴り響いているのですね・・・あぜ丸も街を歩くときに聴いてしまいます、DVDで「愛をください」を見てみるのも面白いかもしれませんね。

 若い頃のKAWAMURAさんは本当にボーイッシュでいいですよね・・

ZOOは、わかりやすい曲ですが、聴く側の心持で、印象が変わりますよね・・iPodで街の中で聞くのが大好きです・・。

それでは・・・ご冥福を祈りながら・・・

ZOO!!

あぜ丸
2009/08/09 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
川村カオリさん・・・ふたたび・・・・響きます・・・♪ あぜ丸のMusic&Life♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる