あぜ丸のMusic&Life♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪性リンパ腫闘病記・・・今後の治療方針を決定しました・・・♪

<<   作成日時 : 2011/11/03 09:11   >>

トラックバック 0 / コメント 9

  画像さて、4クールの抗がん剤投与を終えて・・・今後の治療をどうするかを主治医とかなりの時間を掛けて決めてきました その判断について自信がありません 現時点の体調を鑑みれば、選択肢は限られたものでした・・・・


 結論としては、一旦、ここで治療をやめて経過観察にしよう・・・ということになりました

今後は11月終わりに再度PET 12月頭に骨髄穿刺(マルク)を実施します それで、そのままいければ上記の判断のままにします

 実は、維持療法といって、リツキサンの固め打ちを、2ヶ月おきにやっておく・・・という案も主治医と相談しました これは再発を少しでも遅らせるうえで、ある程度有効だとのことですが、かといって寿命が長くなるというものでもなく、リツキサンの効きが再発時に弱まるために、再発時には違う薬を使うことになってしまいます

あぜ丸的には、次回の再発時にも今回の治療薬が効いたので、これの有効性をまだ残しておいて、先ずはベンダムスチン+リツキサンで再度叩く・・・という感じにしようかと考えています


精神的にも2ヶ月おきに1年ないしはそれ以上のリツキサン治療というのを考えただけで、鬱になります(笑)確かに、長い間、抗がん剤を打ち続ければ、その間はがん細胞が暴れだすことはないので、若干再発が遅延したかに見えますが・・・・

 この判断は将来、再発したときに後悔を残すのかもしれませんが、今の時点ではこれしか選択がないように思いました まぁつらい治療から逃げてるのかも知れませんが・・・


 というわけで、非常にスッキリした「寛解」というわけではなく、主治医との話し合いの中で、「経過観察」を選択したことになります

 
 CTも血液の状態も比較的いいので、それを信じて一旦、経過観察を選択しました

今後、PETや骨髄検査でよっぽどのことが見つからない限り一旦、CR(寛解)が出ると思われます・・・


しかし、初回寛解と較べて、このテンションの低さはなんでしょうね・・・笑 再発してしまった以上、再再発があることは明確ですし、初回のように手放しで喜べませんね・・・それなりのこの病気と向き合う覚悟をしておくつもりです


とはいいつつも

がん細胞は一応叩いたし・・・・


なんとかゆるりと生きていければいいと考えるようにしています


それでは


ちゃお

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
あぜ丸さん、おはようございます。
経過観察ということなのですね。こうしてがん細胞をたたきながら、時間をかけていく中で、何かまたブレイクスルーとなる治療方法や新しい展開を期待したいです。精神的にはきついのでしょうけれど、家族とあぜ丸さんにつながる多くのなかまと音楽の力で。
Once in a life time !
ゆるりと、しかし今をより豊かに過ごしていきましょうよ。
これからも、どうかご一緒させてください。
Jun.
2011/11/03 10:18
Jun.さん、コメントありがとうございます♪

ええ・・もうなんというかゆるりとこの病気と付き合うしかない・・・と思っています・・・

それしかないかな・・・と。

また再発したら・・その時にまた考えるしかないですね・・・

さて、ぜんぜんギター弾けてないから弾こうかしら・・・・笑
あぜ丸
2011/11/03 18:18
こんばんは、あぜ丸さん。
経過観察ということで一旦はというか今のところはOK!
と、私は前向きに考えています。
今も、これからも医療の進化が進んでいますので
この先に未来はきっとあると考えてます。
あぜ丸さんはポシティブな性格ですから、きっと今回の判断もOKです!
みんなも同じ気持ちだと思います。

おっしゃるように、その時にまた考えるって構えで
ファイト!

で、またギターを爪弾いて元気を下さい!

私も、あぜ丸さんのギターとコメントを楽しみにしてます!
グー
2011/11/03 18:42
グーさん、コメントありがとうございます・・・


もう、少し疲れている・・・というのもありますね・・今回の薬は比較的長くダルクなるので・・・・

まぁ前を向いてゆるりと行きますよ・・・悲観的にナルよりも楽観的になります

というわけで・・・

ギターでも弾きます
あぜ丸
2011/11/03 18:53
お久しぶりです。治療、大変お疲れ様でした。とりあえず一区切りですね。私達の病は、機嫌をとりながら上手に共存して行くしかないですね。
私もCR後4年を過ぎ、そろそろヤバインじゃないかと怯える毎日です。(この辺が一般の癌と違い辛い所ですね)
私も音楽に癒され、出来るだけ病気を忘れる時間を持つ様に心がけています。とりあえず今月のエアロスミスと来月のエリッククラプトンのコンサートを楽しみに!お互いにのんびり頑張りましょうね。
ぴのこ
2011/11/04 19:23
こんばんは。経過観察にしたこと賢明な選択だったと思います。

再発や再々発の時に、いつも悩むことがあります。それは『骨髄移植』のことです。

主治医からは、初発の時から移植の話がありました。移植するなら寛解直後がいいようなのですが、危険率を考えるといつも躊躇してしまいます。

抗ガン剤でCRが継続できるならそのほうがいいのではと選択してしまい、骨髄移植をするまでには至っていません。

いろんな選択肢があると思いますが、ぴのこさんもおっしゃっているように「共存」していくしかないのかな?

また新薬のお世話になろうと期待しています。

では、お邪魔しました。
マントル
2011/11/04 23:36
ぴのこさん、コメントありがとうございます♪

そうですよね・・・なんとなく晴れないですよね・・・

まぁそうやって生きていくしかないのでしょうね・・

しかしクラプトンも行くのですか・・いいなぁ・・僕は治療の都合で全くチケット買えなかったのです・・・

楽しんできてくださいませ・・・
あぜ丸
2011/11/05 16:20
マントルさん、コメントありがとうございます♪

そうですよね・・・僕も主治医からは自家移植なども将来はあるかな。。。と言われています。まぁその時に考えることにしています・・・

ゆるりと・・いくしかないですよね!!
あぜ丸
2011/11/05 16:22
あぜ丸さんこんにちは。選択肢があると悩みますね。私は再発→自家移植です。今は治療でほぼ寛解したのでこのまま自家移植です。年齢的に一番いいだろうという判断です。ただ造血幹細胞採取したら足りなくてもう一度ケモしてからの採取になるので入院期間が長びいてしまうので気持ちが凹んでいます…。
りりん
2011/11/11 09:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪性リンパ腫闘病記・・・今後の治療方針を決定しました・・・♪ あぜ丸のMusic&Life♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる