あぜ丸のMusic&Life♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪性リンパ腫闘病記(濾胞性)・・・・三度目再発治療後の経過観察♪ 

<<   作成日時 : 2015/09/06 15:33   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


3月に5度目の抗がん剤 リツキサン+フルダラビンを投与してから早半年が経ちました 今でも体はつらいのですが徐々に回復していると信じています 9月の経過観察に行ってきました


今回も血液検査→ベナンバックス吸引(CD4陽性リンパ球が少ないためにカリニ肺炎などの予防措置)をしてから面談です


自覚症状としては体力がなくなっているのかなんとなくだるい 
本当に毎日定時で帰宅しては9時にはベッドに入る生活を続けています 
土日もあまり外に出ていません


Wikiに書いてある副作用一覧

副作用
重大な副作用は、骨髄抑制、間質性肺炎、精神神経障害、腫瘍崩壊症候群、重症日和見感染、自己免疫性溶血性貧血、自己免疫性血小板減少症、赤芽球癆、脳出血、肺出血、消化管出血、出血性膀胱炎、重篤な皮膚障害、心不全、進行性多巣性白質脳症(PML)である。
リンパ球が減少する結果、日和見感染のリスクが著明に増加する。ニューモシスチス肺炎を予防する為にST合剤を服用するかペンタミジンを1ヶ月間吸入する。フルダラビンに因る深刻なリンパ球減少は輸血後移植片対宿主病を誘発し、しばしば成分輸血が必要となる。貧血は濃厚赤血球輸血又は全血輸血で、血小板減少は血小板輸血で、好中球減少はG-CSF投与で対処する。
重篤な免疫介在性溶血性貧血が発現する場合が有る。
フルダラビンを投与した事の有る患者から末梢血幹細胞を採取する事が難しいことが有る。


このうち自分にあったのは

骨髄抑制
リンパ球減少

だと思われる いまのところ重篤なものはないけど、身体が重いです


というわけで・・・検査結果です

再発はありません・・・ほっと一息です

しかしいまだにすべてがLOWです

白血球、赤血球、血小板・・全部がいまだに健康な方の下限値の半分以下しかありません
またCD4陽性リンパ球もまだまだ少なく・・・重要経過観察です

とにかく

まぁ旅行の許可は出ました 抗菌剤もたくさんもらい・・・なんとか旅には出れそうです


最近更新が少なくて申し訳ありません


今年は少しゆっくり目のペースでやっていきます


それでは・・・


元気です


ちゃお



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
旅に出れてよかったですね。
私はあまり動けないのでので、心に輝いたものぜひともご紹介ください。動画もありよ! あぜ丸さんの目を通して何を拝見させていただけるか楽しみにお待ちしております。
kumasanda
2015/09/06 20:46
フランスだったでしょうか?楽しんできてくださいね。
20数年前に新婚旅行でパリに行きました。
ルーブル美術館は迷路のようでした。
寒くなる前の良い気候でしょうね。
ゆっくり休んでくださいね。
愛犬クロリス
2015/09/09 21:14
kumasandaさん、コメントありがとうございます

そうですね・・・最近スマホがあるんどえカメラを忘れたりするのですが・・・忘れないようにします

愉しんできますね
あぜ丸
2015/09/14 16:45
あぜ丸さん、こんばんは。
何はともあれ再発がなくて、本当に良かったです。
渡航許可も出たということで、どうぞよい旅を楽しんできて下さい。フランス…私も20数年前に新婚旅行で行ったきりですが、当時は美術館めぐりに勤しみました。カシオの電子手帳を便りに…今はスマホですね。どうあお良い旅を!
Jun.
2015/09/16 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪性リンパ腫闘病記(濾胞性)・・・・三度目再発治療後の経過観察♪  あぜ丸のMusic&Life♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる