あぜ丸のMusic&Life♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪性リンパ腫闘病記・・・濾胞性 4度目の再発治療の経過報告♪

<<   作成日時 : 2015/12/08 09:42   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像



二度目の入院を目前に控え(本日から入院してきます)、実は副作用が出てしまいました かなりきつかったです 記録の為に記しておきます


11/11から投薬を開始しましたが2週間は順調でした しかし11/24の夜からにわかに熱が出始め、三日間熱を出してしまいました それと大規模な口内炎です

口内炎は20個以上できるほどで、ほとんど口を開けることすらできません 熱が39度以上出たらどうしようかと思いましたが普通の解熱剤で事なきを得ました 熱も3日で下がり 口内炎はなんとか1週間で治まってきました

しかしここで新たな事実が判明

実は治験は日本で6名程度で始めると聞いていたので、「ほかの人の副作用はどうですか?」と質問すると主治医と治験コーディネータが同時に「まだ準備中で、投薬を開始しているのはあぜ丸さんおひとりです」というではないか・・・・

おおおおおお
俺はアルジャーノンか・・・・・・


日本でこの薬を飲んでいるのは現在あぜ丸ただ一人なのである


というわけですが、なんとか復活して継続服用しています
あぜ丸のやっているのはまだフェーズ1です 


参考にwikiから治験とは・・・をペーストします

治験は第I相から第V相までの3段階で行われることが多い。 ただし、抗がん剤(特に細胞傷害性の抗がん剤)に関しては、第I相臨床試験は既知の予想される大きな不利益があるために通常がん患者を対象に行われ、 第II相臨床試験に関しても国際規準RECIST(レシスト)による腫瘍縮小効果(奏効率)が検討されたり、強い副作用や、生命倫理問題[5]の大きさから、一般薬に比べてランダム化比較試験が簡単に行いづらいなど、デザインや方法を異にする場合が多い。


第I相試験(フェーズ I)

自由意思に基づき志願した健常成人を対象とし、被験薬を少量から段階的に増量し、被験薬の薬物動態(吸収、分布、代謝、排泄)や安全性(有害事象、副作用)について検討することを主な目的とした探索的試験である。動物実験の結果をうけてヒトに適用する最初のステップであり、安全性を検討する上で重要なプロセスである。しかし、手術や長期間の経過観察が必要な場合や、抗がん剤などの投与のようにそれ自体に事前に副作用が予想されるものは、外科的に治療の終わった患者(表面的には健常者)に対して、補助化学療法としての試験を行うことがある。また、抗がん剤の試験の場合は、次相で用いる用法・用量の限界を検討することも重要な目的となる。

第II相試験(フェーズ II)

第II相試験は第I相の結果をうけて、比較的軽度な少数例の患者を対象に、有効性・安全性・薬物動態などの検討を行う試験である。多くは、次相の試験で用いる用法・用量を検討するのが主な目的であるが、有効性・安全性を確認しながら徐々に投与量を増量させたり、プラセボ群を含む3群以上の用量群を設定して用量反応性を検討したり、その試験の目的に応じて様々な試験デザインが採用される。探索・検証の両方の目的を併せ持つことが少なくないため、探索的な前期第II相と検証的な後期第II相に分割することもある。その他にも、第I/II相として第I相と連続した試験デザインや、第II/III相として第III相に続けて移行する試験デザインもある。また、毒性の強い抗がん剤に関しては、この第II相で腫瘍縮小効果などの短期間に評価可能な指標を用いて有効性を検証し、承認申請を行うことがある。

第III相試験(フェーズ III)

上市後に実際にその化合物を使用するであろう患者を対象に、有効性の検証や安全性の検討を主な目的として、より大きな規模で行われるのが第III相である。それまでに検討された有効性を証明するのが主な目的であるため、ランダム化や盲検化などの試験デザインが採用されることがほとんどである。数百例以上の規模になることもあるため、多施設共同で行う場合が多い。抗がん剤の場合は、製造販売後に実施されることが多い。


それでは


ちゃお



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
発熱のタイミングとかは大事ですよ。次はその前に栄養のあるもを許可を貰って食べて行っておきましょうね。
口内炎は氷水を口に含むとかするといいですよ。ひどくなると舌をかんだりするので、ガリッて音がするほど噛むので注意しましょう。食事ができなくなるとカメラを呑むときの麻酔薬を口に含むとか、色々手があるので、積極的に相談してくださいね。
次からは症状は少し強く出ることを覚悟して、その前にしっかり食べるようにしましょうね。野菜も何も食べられなくなるので、ビタミン剤の服用に気をつけたほうがいいですよ。末梢神経の損傷は普通気が付きません。ペットボトルの蓋が開きにくくなったら症状が出ています。 頑張りましょうね!
kumasanda
2015/12/09 00:19
kumasandaさん、コメントありがとうございます

ゆっくりやっていきます
ありがとうございます
あぜ丸
2015/12/09 20:41
口内炎20個@@@@@@
ここ40年ぐらい出来た記憶がない
副作用って怖いですね
あぜ丸さん治験パイオニアで歴史を変えて下さい
マッスル
2015/12/09 21:52
マッスルさん、コメントありがとうございます


なんとか頑張ります
あぜ丸
2015/12/09 21:54
更新が無いので心配してます。

元気な事を祈っています。
Nemo
2016/02/19 01:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪性リンパ腫闘病記・・・濾胞性 4度目の再発治療の経過報告♪ あぜ丸のMusic&Life♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる