あぜ丸のMusic&Life♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 市が尾の坂 麻生久美子 大森南朋 の舞台を観てきました

<<   作成日時 : 2018/05/27 10:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


大ファンである麻生久美子さんと大森南朋さんの舞台を観てきました

最近演劇づいてて、今回は王道 下北沢本多劇場での公演。なんだか市が尾という横浜?のはずれのお話で、それはそれでなかなか面白かった

次回は鈴木京香さんの舞台を観ます


『市ヶ尾の坂―伝説の虹の三兄弟―』は、岩松了作・演出の舞台。
同公演は、1992年に『竹中直人の会』で上演された『市ヶ尾の坂―伝説の虹の三兄弟―』を新演出で約26年ぶりに再演するもの。1992年の市ヶ尾の坂を舞台に、「田園都市計画」によって家がなくなることを余儀なくされた母なき3兄弟と、彼らと触れ合うことになった母になることができない人妻との家族劇を描く。出演者は岩松に加えて大森南朋、麻生久美子、三浦貴大、森優作、池津祥子ら。




1992年、市ヶ尾の坂で暮らす三人兄弟がいた。
田園都市計画の名の下、無くなることを余儀なくされている兄弟の家。
状況に抗うすべとてなく懸命に生きていこうとする母なき兄弟と、三人と触れ合うことになった母になることが出来ぬ美貌の人妻。
さらにその夫、家政婦などが絡み、一見何でもない日常の中に潜む、謎とエロスが交差する危うい関係が浮かび上がる。
三兄弟はそれぞれに若妻を慕い、お互いをけん制する。
若妻は幼い5歳の男の子を育てており育児のことで、悩んでいるらしい。
若妻の家に雇われている家政婦・安藤も頻繁に彼らの家を訪れ、意味ありげな言動で彼らを惑わす。
そしてついにはミステリアスな「家族合わせ」の像が浮かび上がる、絵合わせのような家族劇。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市が尾の坂 麻生久美子 大森南朋 の舞台を観てきました あぜ丸のMusic&Life♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる