トラウマ音楽・・・またはトラウマTV・・・・NO.1 笑♪

 あぜ丸の好きな映画評論家の町山智浩さんのポッドキャストで、「トラウマ映画」と称して、小さい頃見て記憶に住み着いている映画を話してくれるんですが、これがものすごく面白いんですね映画評論の世界も広いのですが、あぜ丸はパンクな町山さんが好きです・・・てなわけで、今回はあぜ丸の「トラウマ音楽」と「トラウマTV」をご紹介しますたぶん皆さんもありますよねぇ・・・・そういう経験
 
 これはシリーズ化していきたいと思っています


1.TV編1.(河童の三平)

 ご存知河童の三平です
 幼少期にすごく怖かった特に夏休み子供漫画劇場みたいな番組があって、関東地方ではテレ朝(1977年まではNETテレビと呼ばれていた)で再放送をよくしていました
 この番組から、「通りゃんせ」のイメージは「怖い」となった今でも横断歩道を渡るときに「通りゃんせ」が流れると、なんだかゾクッっとする。「帰ってこれない・・・三途の川」というイメージが脳裏から離れない
『記憶を失った家族を捜し放浪の旅を続ける』というフォーマットそのものも非常に恐ろしかった。
 鍵っ子だったあぜ丸に、「母が記憶を失って、突然家に帰ってこなかったらどうしよう」という恐怖を植えつけたのでした

本放送は1968~9年で、NET系 金曜19:30枠でした この時間枠の前後の放送をみてみると・・・
サイボーグ009→ 河童の三平 妖怪大作戦 →もーれつア太郎 と有名なアニメに挟まれた放送だったようです 今見ても怖い・・・・・
 



2.TV編2「どっこい大作」

主演が同じ金子吉延さんということで・・・

 メジャーな番組は、どこかに譲るとしてなぜかこの「どっこい大作」のテーマソソングをよく覚えている。相撲に興味があるわけでもないのに不思議である。立身出世のイメージが強烈に語られている。昭和番組(知ってる人いないよねぇ・・)しかし、出演者はスゴイです この番組を記憶している方に、あぜ丸の廻りでは今まで会ったことがありません


3.音楽篇1「夜明けのスキャット」

 由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」です動画は最近のものですがYouTubeには当時の映像もあります(埋め込みが出来ませんでした)ので、そちらも是非見てください。 コレはあぜ丸が盲腸ではじめて入院した病室の、隣のベッドの人のラジオからいつも流れていました当時はおおらかな時代で、ラジオも病室でガンガンに掛かっていましたまだ病室にテレビが普及する前だったと思います
  
 親戚の病院だったので、「お腹痛い」→「病院・診察」→「すぐ切ろう」となって、「お腹痛い」と発言してから2時間後には手術台に上がっていた・・・という大人の勝手さを記憶づける曲になっているのです大人は子どもの気持ちなんて、まったく考えないんだぁあああああ 当時は「手術」というと「うげぇ・・・」という感じだったんですよね
 で、良く聴くと、もの凄い大人の歌です。しかもアレンジは完全にS&Gの「サウンドオブサイレンス」(1966年)なんですよねぇ・・・完全なパクリです(笑)




4.音楽篇 超最近のトラウマ映像(番外編)

  これは本当に最近見たもので、将来にわたってトラウマになりそうな、韓国人少年ギタリストSungha Jungくんの映像ですこの男の子はスゴイ数の曲をUPしているので、他の曲も是非観てくださいこりゃ本物だぁあああと叫びます

 とにかく、大人でギターを練習している貴方・・・・
「ボクって才能ないのかな・・というトラウマを生むこと間違いなしですその正確なピッキング、素晴らしいリズム感・・・・
「お前~~~いったい いくつやねん」と叫びたくなります




おまけです。押尾さんを目指している貴方へ・・・ギターサイズからして、上の映像よりもJungくんは更に若い頃ですね(笑)



というわけで、「トラウマシリーズ」如何だったでしょうか・・・・

自分で楽しいので、シリーズ化を決定し、またしばらくしたらお届けしま~~す。
80年代青春篇とか・・・比較的最近モノもやりたいですね(それって最近なのか・・・

ちゃお

画像

この記事へのコメント

hokuto7
2008年05月20日 10:53
河童の三平・・・懐かしいですね
自分はこのシリーズのひとつ前の「悪魔くん」が好きでした・・
トラウマでいうとですね、やはり実写版のドラマでしたが「恐怖のミイラ」ってやつですね、かなり以前の作品ですが、夜にミイラが街をさまようシーンが印象的で、とにかく夜一人で外に出れなくなりました。
当時はトイレが外にあったので親も大変だったと思います、今でも包帯見ると思い出したりします(笑
音楽では・・・そうですね
強いて上げるなら弘田三枝子「人形の家」ですね、ミコさんは日本のポップス界の初期の頃を代表するシンガーですが、とにかく健康的でダイナミックな歌唱は私の中ではいまだにNo.1です。
それはともかく、そのミコさんがこの曲で大変身!
あまりに印象が強烈だったので、女の人って怖い・・・と言う印象をこの曲で植え付けられました(爆笑
あぜ丸
2008年05月20日 20:39
hokuto7さん、コメントありがとうございます(^^)v
「悪魔くん」もよく覚えています、エロイムエッサイムですよね。確かにあれも怖かったですね。当時まだ白黒で、それも恐怖感をあおっていた感じがします。
 弘田さんの印象は薄いですねぇ、奥村チヨさんはよく覚えています。きっと、人それぞれにトラウマ人生があるんですよね!
ギターひよこ
2008年05月20日 23:00
小さい子がギターを弾いているのを見て
自分がものすごく恥ずかしぃーーー
少しも上達してない僕っていったい!(笑
1歳から3歳までに何かに英才教育をすれば脳の神経を繋いでるニューロンが破壊されないで多く残り天才的な能力が持てるそうです。
なので彼にはかなりのニューロンが(笑

レッドソックスのレスターさんがノーヒットノーランを達成したみたいですよ!
あぜ丸さんと同じ病名かな?
あぜ丸さんも負けて入られませんね!
ジャガポックルは食べましたか?
あぜ丸
2008年05月20日 23:34
ギターひよこさん、コメントありがとうございます♪
確かにこの子は英才教育ですよねぇ・・・ちょっとスゴイですよね。ギターひよこさん以外でも、十分泣けてますよ・・・いい大人が・・・笑

 レスター・・・そうみたいですねぇ!!もう感激ですね。まったく同じ非ホジキンリンパ腫だったと思います。しかも発病も闘病時期も同じなのです!!
 わお!!って感じです。
レスター投手についてはこれからも応援します!!
北海道はまだ行ってません(笑)6月で~~す♪
青くり
2008年05月23日 01:58
なんじゃ!!この少年は!!!

ギター弾いてるなんて言ってごめんなさい(滝汗)
             by 青くり
あぜ丸
2008年05月23日 06:58
青くりさん、コメントありがとうございます♪

そうですね・・・思わず、シュンとなっちゃいますよね(笑)ははは。
小鉄
2008年05月28日 20:32
こんばんは。
「夜明けのスキャット」・・・
いいですねー。
私もipodに入れていますよ(笑
あぜ丸
2008年05月29日 22:02
小鉄さん、コメントありがとうございます(^^)v
 この曲はいいですよねぇ。大人の香りがしますぅ!