秋の始まりに・・・川村結花さんをちゃんと聴く♪・・・やっぱりいいです

 画像機会がある度に川村結花さんを紹介しておりますが、秋の気配を感じるこの時期にやっぱり聞きたくなります・・・今回は川村結花さんについてです 結花さんは以前の記事でも詳しくご紹介したのですが、昨年はお父様の看病ということで(残念ながら今年の3月にお亡くなりになられました)活動をされていなかったようなのですね・・・今年こそはLIVEに行きたいなぁ・・・と思っていますが、まだ予定がありません(悲)


それでは・・・あらためて結花さんの紹介です  まずは王道wikipediaから・・・

「東京芸大在学中から早稲田大学モダンジャズ研究会に属しながら、バンド活動を始める。 卒業後SMEオーディションを経て、1994年のSMAPのアルバム『SMAP 005』に『ギョーカイ地獄一度はおいで』という曲を提供して作家活動を開始する。

1995年に東芝EMIからアルバム『ちょっと計算して泣いた』でシンガーソングライターとしてデビューする。東芝EMIには1996年まで所属し、シングル4枚、アルバム2枚を製作する。このころは業界では評価されるが、一般的には無名の状態であった。

1998年にSMAPに提供した『夜空ノムコウ』で音楽ファンから注目を集める(セルフカバーもしている)。同時にエピックレコードに移籍して、2003年現在までシングル11枚、ミニアルバム3枚、アルバム4枚を製作している。またソングライターとして、沢田研二、松たか子、藤井フミヤ、鈴木雅之、NOKKO、渡辺美里などに楽曲を提供している。2005年にレコード会社をR and Cに移籍、ミニアルバム『a half note』を発売」

というわけで、結花さんはプロには受けるが、一般的知名度はまだ低いという場所にいるのですね・・・う~~ん、残念 でもあぜ丸が紹介すると、みなさん「いいよね」と言ってくれます 

早く、本格的なLIVE活動を再開してほしいと願うばかりです。


「夜空ノムコウ」

結花さんの代表曲・・・やっぱりこれですね。このPVは本物ではなく、Youtubeにアップされたオリジナルの組み合わせモノなのですが、すごくマッチしていますね。アニメはほとんど見ないあぜ丸ですが、風景が素晴らしい動画ですね



「朝焼けの歌」


 この歌には、いつも心を締め付けられます。ケミストリーの堂珍さんとのデゥエットです。このピアノの流れが本当に素晴らしいです。とてもLIVEとは思えないです
 結花さんのお化粧がちょっと濃すぎる気が・・・笑



「コイシイヒト」

 本人歌唱がなかったのですが、松たか子さんの声も・・・あぜ丸は好きです。もちろん結花さんが作った名曲です。この曲のメロディも実に胸を締め付けます。結花さん天才です




 それでは・・・ちゃお

この記事へのコメント

ススカン
2008年09月08日 20:47
あぜ丸さん、こんばんわ。
川村さんですね、うれしいです。自分のメモリー・プレイヤーに一杯入れてあるので間違いなく毎日聞いております。ホントに日本屈指のシンガーソングライターだと思います。ライブも見てみたいし、アルバムも出してくれないでしょか。
最後にSMAP「バナナ」歌ってくれないですかねー
合っていると思うのですが。
あぜ丸
2008年09月08日 21:27
ススカンさん、コメントありがとうございます♪
あぜ丸も全アルバムがi-Podに入っています・・・。特に秋冬がいいですよねぇ・・・。
 あぜ丸も本当に日本屈指のソングライターだと思っています。ちょっと結花さんに代わる人は見当たりません・・・。
 LIVE行きたいですよね・・・やっぱりみんなで応援しましょ!!

「バナナ」・・・あ~~~名曲ですね、確かにSMAPが歌えば・・・って感じですね・・・う~~ん、なるほど。「君のことプロテクトしよ」っていいですよね!!

ham
2008年09月11日 01:08
「夜空のムコウ」に秘められたドラマを感じています。もちろんアニメの力も凄いし、川村さんの素朴さにも感動です。そうそう、あぜ丸さんのギターレッスン、「夜空のムコウ」も、スマップでは感じられなかったものが見えてくるんです。不思議です!
あぜ丸
2008年09月11日 23:08
hamさん、コメントありがとうございます♪
いやいや、やっぱり楽曲の持つ「力」ですよね・・・。名曲は残りますよね・・・。
あぜ丸にとっては80年代「SOMEDAY」90年代「夜空ノムコウ」というのが心に残る名曲です。
あぜ丸のギター版も、もう少し練習して再UPしたいと思います!