あぜ丸のMusic&Life♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 1987 ある闘いの真実・・・

<<   作成日時 : 2018/09/17 12:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今の政治情勢を考えると、なぜ韓国であれほど大規模なデモがおきるのか?どうして民衆主義を勝ち取ったのか
これは光州事件から続く韓国民主化の映画です

画像


とにかくこの映画はほんとに観るべきです


「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。パク所長を「チェイサー」のキム・ユンソク、チェ検事を「お嬢さん」のハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生を「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンと豪華キャストが共演した。





町山智浩さんの解説です




そして光州事件を扱ったこのタクシードライバーもぜひ見てほしいです





最近は映画は思いついたときに観ます

それにしてもこの2本は絶対観てほしいです

ちゃお

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1987 ある闘いの真実・・・ あぜ丸のMusic&Life♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる