追悼 ショーケン 「傷だらけの天使」 なんちゃって音源

ショーケンが亡くなってしまい、「傷だらけの天使」を観たりしていましたが・・・・ソロアレンジしてみました
久し振りのなんちゃって音源です

このドラマはあぜ丸世代も関東の若者はオンタイムで観ていた人と、夕方の再放送を見てた人に分かれると思います

1974年10月5日から1975年3月29日まで、毎週土曜日22:00 - 22:55に日本テレビ系で放送されたテレビドラマである。全26話

画像



そして音楽を担当したのが、大野 克夫と井上 堯之でした。GSの流れを汲む"PYG"から発展した井上 堯之バンドの演奏による今回紹介する主題曲は今聴いても色褪せることはありません・・・

画像


特に主題曲と共に流れた強烈なオープニング映像を憶えている人も多いでしょう。強烈でした
新聞紙をナプキン代わりに首から下げ、熟れたトマトをかじり、コンビーフをかじり、クラッカーを食べ、魚肉ソーセージをかじり、牛乳瓶の蓋を口で開けて飲む・・・。

この牛乳の蓋の開け方は学校ではやりました あと、代々木の傷天ビルまで行ったものです 今でもつぶれずにあるので、見てない人は絶対見ておいたほうがいいと思います 


このテーマの入っているシングル・レコードのおける井上 堯之バンドのメンバーは、ジャケット裏の写真で見た限り、井上 堯之(g)、大野 克夫(key)、岸部 修三(現在俳優として活躍している岸部 一徳)(b)、速水 清司(g)、田中 清司(ds)の5人です。
ジャケット写真は加納 典明です。


で、ソロアレンジはコードもわからないまま(ネットのどこにも譜面がない) ネットで観たものを自分流にアレンジ2日ぐらいです 




弾き始めるとこんな感じのコードだね。とわかるのでだんだんアレンジが固まってきます
この手の楽曲にはナイロン弦のクラギがすごく合う感じがします ベースがクラギのほうが伸びるんですよね・・・というか最近あぜ丸はクラギしか弾いていません

マーチンギター全く弾けてない・・・・(笑)

というわけで、拓郎のチケットは全滅・・・清志郎の野音も外れ・・・小田和正も外れ・・・・
結局クラシックのコンサートの予定がいくつかあります あとTULIPももう最後だと思うのでGWに聴いてきます


それでは「傷だらけの天使」 みんなも弾いてくださいね


ちゃお









この記事へのコメント

ハゲ丸
2019年04月15日 16:22
おお、いい感じ。私はオンタイム派でした。デレムラが学園祭で真似していたのを鮮明に覚えています。
あぜ丸
2019年04月15日 17:36
ハゲ丸さん、コメントありがとうございます😊
このドラマはアウトローでした。今観てもすごいです。。特に新宿の変わりよう