東京文化会館《響の森》Vol.44「コバケン 名曲アラカルトII」へ行ってきました 村治佳織さん

東京文化会館《響の森》Vol.44「コバケン 名曲アラカルトII」へ行ってきました
関西の友達が行けなくなってチケットをもらったので予定していたものではなかったのですがとても楽しめました

I村治正面MG_2384.JPG

I村治チケG_2321.JPG

文化会館は満員でコバケンさんの人気がわかります
曲間でのコバケンさんの話は面白くて、楽曲のイメージが広がりました

村治トウキョウMG_2385.JPG

村治佳織さんのアランフェスは素晴らしくて、前回同じ曲を聴いたパクキュヒと比べてオーケストラもよかったし、何よりPAがとても良くて村治さんのギターの響きが会場中に広がりました

こういったコンサートでは珍しく、アンコールに応えてくれて「アルハンブラの思い出」を弾いてくれました
これも粒がそろったトレモロで素晴らしかったです

今年はクラシックのコンサートに行くと決めていて、10月にまた村治佳織さんのコンサートに行きます

それでは演目です


■出演
指揮/小林研一郎
ギター/村治佳織

管弦楽:東京都交響楽団

■曲目
ロッシーニ:歌劇『セビリアの理髪師』序曲
ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』序曲 op.77
シベリウス:交響詩「フィンランディア」op.26
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 (ギター/村治佳織)
ラヴェル:ボレロ


本当に素晴らしいコンサートでした

ちゃお

この記事へのコメント