加藤和彦さんが亡くなって・・・・10年 

加藤和彦さんが亡くなってから10年経過しました ちょっと今回は加藤さんのことをつらつらと・・・書いてみます

katokazuhiko.jpg


あの年 2009年10月 加藤さんの訃報には本当にびっくりしてしまいました なぜかというとその年の9月にはこうせつのつま恋で加藤さんの歌声を聴いていたからです

その時書いた記事です  
https://azemaru.at.webry.info/200910/article_7.html


この時のことは実は石川鷹彦さんからもその日のエピソードを聴いたのですがここでは書けません
それにしてもこの日のニュースは衝撃的でした

<ニュース>

  長野県軽井沢町のホテルで首をつって死亡していた男性について、軽井沢署は17日、音楽プロデューサーの加藤和彦さん(62)と断定した。同署は自殺とみて調べている。
 同署によると、加藤さんは16日に1人でこのホテルに宿泊。17日朝、加藤さんの知人からホテルに「様子がおかしいので確認してほしい」と電話があり、従業員が室内に電話をしたが返事がなかったため110番通報した。駆けつけた署員が室内に入ったところ、加藤さんが浴室でロープのようなもので首をつっており、すでに死亡していた。 



あぜ丸自身は加藤さんの熱心な聞き手だったわけではなく、ところどころで好きな曲があるくらいで、音楽よりも洋服とか料理とかに影響を受けました 加藤さん自身も安井かずみさんの影響がすごく大きかったようですがものすごい趣味人でした

加藤さんの曲の中でなぜかこの曲はシングル盤も持っています 発売を調べたら1976年でまだ中学生ぐらいですね なぜこのシングル盤を買ったのか全然忘れているのですが、なんというのかラッフルズホテルのイメージがすごくあります そのころ読んだ小説やら情報誌の影響なんだと思うのですがこの曲はエキゾチックな感じがすごくしたんですよね

まさにシングルジャケットはこれでした



のちに杏子さんがカバーしています このヴァージョンもいいです




あれから10年・・・

たまには加藤さんの楽曲を聴いて 思い出そうと思います


ちゃお

この記事へのコメント