横浜赤レンガ 工場夜景ジャングルクルーズに行ってきました・・・♪ 

年末のダイヤモンド地下街かなんかの福引で当たったので工場夜景ジャングルクルーズに行ってきました
地元なのでこういう機会でもなければわざわざ行かないやつですww

山下公園から横浜駅までのシーバスをたまに使うし、高速道路でアクアラインを夜走ったりするのでまぁ大体様子はわかっていますが、海から工場を見るのは始めてです

海に立ち並ぶ工場の風景は全国ですごく似てると思います 鈴鹿に行くときなどにもこれは京浜工業地帯とにてるなぁとか橋を渡りながら思ったりします

いわゆる化学工場系が横浜の鶴見から川崎に向けてあります これをじっくり見るとパイプが血管のように複雑に入り組んでいて、もっとシンプルな設計はできないものか?といつも考えてしましますがメンテナンス性などを考えるとあのむき出しのパイプ形式がいいのでしょうねぇ

それにしても人工物には人工物の美しさがあります 工場夜景ファンというわけではありませんがとても楽しめました
929FCDE7-F38A-48DC-9D6F-10D1779F45F1.jpeg

D24F34E5-73B1-4F98-AB21-517F8D75C7FC.jpeg

A9FC3ACB-2833-4986-8CC0-318B0DF48F34.jpeg

431B239D-D541-49F8-ABAF-739B6ECF217B.jpeg

神奈川観光大賞受賞
近年、工場を鑑賞するというブームが到来しましたが、残念ながら燦然と輝く夜の工場を鑑賞できる場所は、展望台や高速道路など、ごくかぎられた場所しかありませんでした。 そこで、全国の工場夜景ファンの為に、日本の四大工場地帯のひとつ、京浜工業地帯の夜景を運河から眺めることができる「工場夜景ジャングルクルーズ」をご用意しました。運河沿いにひしめく、 数々のプラントやタンク、倉庫等の美しいライトアップを存分に楽しめるクルージング プランです。横浜観光の想い出に、工場夜景ファンに、ほかにはない、この一風変わったクルーズをおススメします! 
《 神奈川県京浜臨海部 産業観光協議会 助成認定事業 》


あと社会科見学の趣もあって、JRの発電所があって、ここと信濃川にあり、その二つでJR東日本の9割は賄っているそうです。初めて知りました
あと港の信号「I」「O」「F」は知っていましたが(それぞれイン、アウト、フリー)K Tの意味とか(川崎航路 鶴見航路)それぞれの工場の意味 火力発電所 製鉄所 いろんな話を聴けてとても面白かったです

イルミネーションを期待すると実はそれほど明るくないのですが、それでも普段は絶対行かない場所に船で近づくことができます

ダッシュ海岸にも近づきましたが、どうもあそこは私有らしく外から眺めただけでした・・・


それではちゃお

この記事へのコメント