この映画は好きだ・・・「ジョジョラビット」 

「ジョジョラビット」を観てきました 

rectangle_large_type_2_c0609659d8de7cef4e4f368d12c73a53.jpg

ドイツの話なのに英語は変だとかいろいろ意見もありましたが、僕はこれとても好きな映画です
「ライフイズビューティフル」を想起される戦争の悲劇と喜劇 憎悪が生む悲劇と家族の肖像 そして愛・・・

ネタバレをする気は全くないので、とにかく映画館で観てほしいと思います
こうした映画を作っていかないといけないと強く思います




町山さんの話




「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督が第2次世界大戦時のドイツに生きる人びとの姿を、ユーモアを交えて描き、第44回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞した人間ドラマ。第2次世界大戦下のドイツに暮らす10歳のジョジョは、空想上の友だちであるアドルフの助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で、立派な兵士になるために奮闘する毎日を送っていた。しかし、訓練でウサギを殺すことができなかったジョジョは、教官から「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかいの対象となってしまう。母親とふたりで暮らすジョジョは、ある日家の片隅に隠された小さな部屋に誰かがいることに気づいてしまう。それは母親がこっそりと匿っていたユダヤ人の少女だった。主人公のジョジョ役をローマン・グリフィン・デイビス、母親役をスカーレット・ヨハンソン、教官のクレツェンドルフ大尉役をサム・ロックウェルがそれぞれ演じ、俳優でもあるワイティティ監督が、ジョジョの空想の友だちであるアドルフ・ヒトラーに扮した。第92回アカデミー賞では作品賞ほか6部門でノミネートされ、脚色賞を受賞した。

2019年製作/109分/G/アメリカ
原題:Jojo Rabbit
配給:ディズニー


とにかく 観てください

50を超えれば二人で行けばシニア割引で観れるのでお得です

というわけで・・・コロナウィルスを気にしながらも映画は観たいよね


ちゃお

ちゃお

この記事へのコメント