矢作俊彦を読む 2 エッセイなど


矢作俊彦のエッセイシリーズ
あぜ丸的に分類するといわゆるエッセイとルポルタージュになる

DDFA6F23-77F6-4CB3-A042-2BC922F2FF5F.jpeg


日本人への悪意を”芸”の域まで昇華させ、そのセンスは追従する者はなく、孤高の芸風として定着させた。
痛快無比、快刀乱麻の毒舌が冴えわたるこれらの作品を私は愛す

【エッセイ】

三部作といってよく雑誌に書き散らした文章をまとめたもの 『複雑』は特にヨコハマについて語られている
もちろんフランス語のC'est complique! から来ていると思われる… そう「女はコンプリケな方がいい」ってやつだ

どれか一冊、横浜の不良を知りたいとなれば『複雑な彼女と単純な場所』をお薦めします。単純な場所とはもちろんバァのことである。
サイン もう33年前のもの
ホテルニューグランド のバァ シーガーディアンにて

21DB734D-7D79-4914-8C71-AF7B73D94E8A.jpeg

* 『複雑な彼女と単純な場所』東京書籍(1987年) のち新潮文庫
* 『ドアを開いて彼女の中へ』東京書籍(1993年)のち新潮文庫 
* 『ツーダン満塁』東京書籍(2002年)

【ルポルタージュ】

週刊ポストに連載されていた写真コラム。バブル後の日本各地でみられた歪みの数々を一枚の写真と2ページの文章で綴る矢作節

* 『新ニッポン百景 衣食足りても知り得ぬ「礼節」への道標として』小学館(1995年)
* 『新ニッポン百景'95〜'97 衣食足りても知り得ぬ「礼節」への道標として』小学館(1998年)

国道16号線を横須賀から時計回りに。アメリカ文化の蜃気楼か、はたまた永遠に辿り着けないカフカの城か。国道16号線を巡る小説家の自動車冒険旅行記。自動車雑誌『NAVI』に連載されたもの。

* 『16号線ワゴントレイル あるいは幌を下げ東京湾を時計まわりに』二玄社(1996年)

以前紹介したNHK-BSでも放送された。
キューバ、キーウエスト、パリ、スペイン、そして故郷・オークパークへ。もうひとりの彼を探して、20年にわたる世界の旅の末に、たどりついたもの。ライオンの夢を見る午睡を求めヘミングウェイを旅する。

* 『ライオンを夢見る』(安珠:写真 東京書籍、2004年)

大丈夫さ
僕らにはまだ矢作俊彦がいる

#矢作俊彦

この記事へのコメント