テーマ:読書日記

読書日記 向田邦子を読む

体系立てて読む作家が数人おり向田邦子さんもそのひとり 今年は没後40年 青山のコムデギャルソンに行くたびにすぐ側にある向田邦子さんの住んでたマンションを見上げご挨拶をする 向田邦子を読む時にはもちろんミリーバーノン エッセー集「眠る盃」に収められた一文にバーノンの名が登場する。水ようかんを食べる時のムード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近大好きな作家 滝口悠生

最近のお気に入りの作家の一人 あまり読まれていない作家のひとり 滝口悠生 初期の保坂和志を彷彿とさせる好きな作家の一人 芥川賞作家の中でももっと評価されるべきだとだと思うのだけれど読んでる人があまりいない 気がします テーマは 記憶と不在について描かれているものが多い セリフに「」がない独特の文体で、地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます 手塚治虫を読む

あけましておめでとうございます コロナ禍の中で何を読もうと手に取ったのが手塚治虫の 『陽だまりの樹』再読 いつの時代も役人は酷いし庶民は苦しい 江戸の時代も令和の時代も人はそうそう変わらないことがわかる 手塚は自身の曽祖父・良仙が府中藩松平播磨守の侍医であったことをおぼろげに知ってはいたが、本作の執筆の直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢作俊彦を読む 2 エッセイなど

・ 矢作俊彦のエッセイシリーズ あぜ丸的に分類するといわゆるエッセイとルポルタージュになる 日本人への悪意を”芸”の域まで昇華させ、そのセンスは追従する者はなく、孤高の芸風として定着させた。 痛快無比、快刀乱麻の毒舌が冴えわたるこれらの作品を私は愛す 【エッセイ】 三部作といってよく雑誌に書き散らした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢作俊彦を読む  1  しばらく矢作俊彦特集

敬愛する作家矢作俊彦の読書案内をしばらく書きたいと思います 最近も沢山の本を読んでいますが、やはり思い出したように再読する作家です ・ ・ 矢作俊彦作品まずは 王道のハードボイルド 二村永爾シリーズです 二村永爾は神奈川県警の警部 慶應大学野球部出身 ポジションはキャッチャー この二村リーズは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月に読むべき本

昭和生まれのあぜ丸世代には8月の番組がなんだか少しづつ変わってきていると感じませんか? 僕らが子供の頃はもっと戦争に関する番組ももっとあって、まだ戦争を体験した人たちがテレビに出ていたので忘れちゃいけないなぁという感じがありました 最近はあまり戦争に関するドラマも減ってしまい、少し様子が変わってきてるように感じます 個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村治佳織さんのエッセイ・・・「いつのまにか、ギターと」

今年だけで3度ほどステージを見て、CDにサインもしていただいた村治佳織さんのエッセイ ステージを見れば「これがギタリストだ」と挫折するくらいのテクニックなのですが、彼女ももう41歳・・・ すでに熟練した技なのだなぁ・・・と感じます 指のしびれを伴う神経症で2度休みを取ったことは公になっていますが、大病で休んだこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘミングウェイを読む・・・・今だからこそか最高に胸に響く

ヘミングウェイ読んでますか? もう読む人もあまりいないのかなぁ・・・あぜ丸は長い闘病の末に再読してみると、結構作品が深く読めるようになってきました 戦争帰りと闘病帰りの気持ちがなんとなくシンクロするのですね 純粋な作品以外にも手掛かりとなる本が数多くあるのでそういうのを読むのもとても楽しいです まずは何と言っても敬愛する作家 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀江敏幸を読む・・・

kindleになっていない作家のひとり 堀江敏幸さん その精緻で端正な文章 何事も起きない物語 でも我々の心にずんと響く作家  自分的には保坂和志さんがその部類にいるのですが保坂さんは「季節の記憶」を頂点として最近は少し物語性が亡くなってしまって読みづらくなってきたことを考えると堀江さんはエッセイ 小説ともにコンスタントに素晴らしい作…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

読書量は・・・・減っているのか?

読書の秋です・・・歳を取ると読書量が減っているのがわかります これには時代とともにたくさんの理由があると思います ちょっと冷静に考えてみます ①肉体的な理由  とにかく老眼になってきて字を追うのが結構つらい ②社会的理由 インターネットの普及によってとにかくほかのコンテンツが豊富 ③作品的な理由 過去膨大な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安部譲二さんが亡くなりました・・・

安部譲二さんがお亡くなりになりました 一般的には「塀の中の懲りない面々」が有名ですが、あぜ丸の中ではやはり大好きな作家矢作尾俊彦さんとのやり取り、三島由紀夫の「複雑な彼」のモデル、今はないロブロイのオーナーとして記憶しています あとは男の子ならその生き方に憧れる存在だったと思います たぶん僕らの1000年分を生きてると思います …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノンクル 幻の雑誌 伊丹十三責任編集 全巻を入手しました

幻・・・と言われていた伊丹十三さん責任編集の雑誌「モノンクル」 情報としてはよく知っていたのですが、実物は手元にはなくずっとウォッチしていたら、なんと全巻揃いでオークションに出ていて入手することができました これって結構な高値で取引されてたのに、かなりの安値で落札できてめちゃくちゃうれしかったです 4月にpostしましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more