あぜ丸のMusic&Life♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 風の世界・・・そして、つま恋♪

<<   作成日時 : 2006/12/09 19:44   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像 2006/12/09 昨日は会社に出ましたが、大丈夫でした。さすがに電車では疲れましたが(みなさん、シルバーシートは苦しそうな人に譲ってください・・笑い)久しぶりの外出を満喫しました。あっという間に・・・帰院しましたが、来週の早い時期に退院できそうです!!再来週には、二回目の抗がん剤投与の予定です・・・。で、自宅に帰ったので、「風」の正やんが立ってたのは右か・・・のその後の自宅調査レポです(たいしたことないけど)+つま恋情報です。

写真は、共同音楽出版社から出ていた「風の世界」です。これはPart6まであります。写真の左上から1〜3、左下から4〜6です。各アルバム毎に出版され、PART6は解散後となっています。
 
 この本は、譜面というよりも写真集+インタビュー、エッセイという構成になっています。もちろん譜面もありますが、精度の高いものではなくやはり写真目当てで購入していました・・・と言っても、発売当時にはあぜ丸は初期の2冊ぐらいしか購入しておらず、しかもそれは、度重なる引越しで行方不明となっていました。写真のものは、古書店とヤフオクで近年揃えたものです。これが結構、美本ばかりで、ほとんど新品というのがPart2〜4です。たぶん在庫・売れ残りだったと思われますが、これは北海道の古書店の目録で注文しました(しかし・・・オタクだなぁ・・古書店の目録って・・笑い)。
 現在でもヤフオクでたまに出品されますが、一時は物凄い高値でしたが、最近安定化傾向にありますね。

画像 この本は今読んでもすごく楽しくて、たまに「風」を聴きながら、パラパラとめくります。結構インタビューも多いし面白いです。6冊になっているので、アルバム毎での時代時代の二人の考え方も理解できます。で、やはり「風の世界」の第1号にLIVEの写真がありますが、それでは既に正やんは右側に立っています。

そのほかの写真でもLIVEでの立ち位置は正やん右・・・です。というわけで、この前紹介した最初のTVのシーンが、逆にレアな立ち位置だったことがわかります。いったいどういう事情であの位置で演奏したのか、それが知りたくなりますね・・こうなると・・笑い



12月は、つま恋DVDや記念本が発売されますが、先日「文芸ポスト」という文芸誌に、作家の重松清×荻原浩の対談が掲載されています。重松さんは直木賞作家(「ビタミンF)、荻原さんも「明日の記憶」が映画になりましたね。雑誌は完全な文芸誌ですので、みなさんは、立ち読みで十分ですが、内容が面白いですので本屋で見かけたら読んでみてください。

 で、何が面白いかというと、第一部は・・・お二人ともつま恋に参加したんですが、コンサート終了後、その日のうちの静岡市内居酒屋「笑笑」での対談になっています。さすがフォーク世代です。直木賞作家といえど、「笑笑」・・・。
 この、コンサート直後の対談では、「かぐや姫」が良かったぁあ・・・とお二人とも語り合っています。拓郎は現役だけど、かぐや姫は当時の真空パックだから・・というのがご意見です。まさにそのとおりですね。拓郎のアンコールの「聖なる場所に花束を」には不満で、「人間なんて」を唄わないというなら、「夏休み」か・・・あるいは「マークU」でしょ・・・と苦言を呈している(笑い)

画像二人とも生粋のフォーク少年なんですが(重松さんは1964年生まれ、荻原さんは1956年生まれ)、第二部は、先日 「ひろし&きよし」として、原宿ペニーレーンでLIVEをやった後の対談になっている・・・。しかし作家がフォークライブをやるかねぇ・・普通!!

で、最後には完全にカミングアウトしていて、重松「30代の頃はフォークを聴いていた・・とは言えないような思いもあったけど、今、僕ははっきりといいますよ。僕はNSPが好きです」  荻原「じゃぁ、俺もはっきりと言います。森田童子が好きでした」「そういつやつです、俺たちは・・」

というわけで、つま恋は作家の方々にも影響を与えています。お二人の今後の作品にフォーク野郎が登場するかも知れないのでチェックしておきます。まぁ以前、重松さんの作品には「風」の「君と歩いた青春」が登場したことがあります(笑い)これはマニアックでした。

対談は当時の記憶をよみがえらせてもくれる内容になっていますので、長いですが立ち読みしてください。

それでは、来週は退院です。治療の「はじめの一歩」が終了した・・・って感じです。自分の中では「早く終わりたい」の気持ちがとても強くなってしまっていますが、焦らずにやっていきます。

それでは・・・もうすぐクリスマス♪♪

ちゃお!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あぜ丸さん、こんばんは。
一日出勤、さぞやお疲れだったと思いますが
ギターも触れたし、風の資料も確認できてよかったです。
さて、「風の世界」…実は私はPart1を持ってました。一番最初に買った風の譜面でした。たしか「22才の別れ」はドラムやベースが書いてあったような…ちがいましたっけ?完全コピーって訳じゃなかったのですが、音楽の卒業演奏でその譜面を元に、ドラム、ベース、ギター2本の4人で「22才の別れ」をやったのを思い出しました。それ以後は写真よりも結構丁寧な採譜の全音楽譜出版や春秋社の方にシフトしたので「風の世界2〜6」は買ってないんです。確かに写真は結構載ってましたよね。インタビューとかもありましたっけ。そうなると欲しくなってきますねえ。もう無理かなあ。「風をたずさえて」(八曜社)は近年ヤフオクで手に入れたのですが、これってレコーディングノートとか、お宝ものですよね。
ダメもとでまた「風の世界」探してみようかなあ。
あぜ丸さん、焦らずじっくりですね。自ずと退院の日はやって来ますもんね。
「男は明日はくためだけの靴を磨く」歌ってガンバ!


Jun.
2006/12/09 21:49
jun.さん。コメントありがとうございます。「風の世界」は、写真がいいですね。かなりの頁数を割いてくれています。インタビューも多いですよ。あぜ丸もコンプリートコレクションにするまで、かなり掛かりました(o^o^o PART6がみつかりにくいので見つけたら即GETですよ。ってけしかけてどうするぅ!笑い。
あぜ丸
2006/12/09 22:35
久しぶりの会社はいかがでしたか? 仕事ばかりしているとたまにはゆっくりしたいと思いますが、贅沢でしょうか?(笑)
来週に退院できそうなのですね!でもすぐに通院治療が待っているので、退院してもゆったりペースでの復帰をしてくださいね。
私も「風の世界」は持っていないので、探してみようかな・・Jun.さんとガチンコしないように気をつけながら・・(~o~)
作家のフォークライブとか、いつもと変わらないあぜ丸さんの情報発信は流石ですね。どこで仕入れるのですか?(爆)
こじまさ
2006/12/09 23:22
あぜ丸さん
退院ですか、よかったですね〜
治療はまだ続くと言うことなので、繰り返しになりますが、じっくり焦らずで頑張ってくださいね!
hokuto7
2006/12/10 01:06
こじまささん、いつもありがとうございます。情報の入手ルートは、もちろんロシアスパイからです(笑い)まぁ新聞広告やネットが多いですね。仕事をしてる最中はあぜ丸も入院したいなぁ、と思ってましたぁ。でも健康だから言えることですね。「風の世界」ぜひ手にとって下さいね。
あぜ丸
2006/12/10 08:21
hokuto7さん、コメントありがとうございます。そうですね。焦らずやっていきます。悪いことはあまりイメージせずに前向きにやっていきますね。hokuto7さんも風邪などひかないようにしてくださいね!
あぜ丸
2006/12/10 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
風の世界・・・そして、つま恋♪ あぜ丸のMusic&Life♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる